【高田馬場・らーめんよし丸】学生注目!ラーメン激戦区の人気店でこだわりの”無化調”学生らーめんをいただく!

ラーメンレポート

『らーめんよし丸』の概要

今回訪れたのは高田馬場にあるらーめんよし丸さん。

2010年10月オープンのこのお店は埼玉県鶴ヶ島市からラーメン激戦区に移転してきて数々の賞を受賞してきた人気店です。

また、上京してきて最初にはまったラーメン屋さんであり、二郎系を食べるまではほぼ毎日通っていたほど。たまに無性に会いたくなる初恋の相手に会いにいってきました。

高田馬場駅早稲田口からお店までの行き方

高田馬場駅の早稲田口を背にして右側をひたすら歩いて行くこと2分ほど。遂に再会。

到着です。

お昼すぎの夕方の時間。大きな提灯が暖かな光を灯しています。

おいしく楽しく商い中。お昼から通しで営業されているのでお腹が空いたらいつでも行けるのが嬉しいです。

お店の外から店内がはっきりと見えます。厨房の見えるカウンター席がまっすぐにずらっと奥まで伸びています。

どのメニューも美味しそうです。いろいろな種類がありますがすべて化学調味料を使用していない無化調らーめんです。

店主の栗原さんも毎日無化調らーめんを食べて減量に成功したそう。

確かに久しぶりに拝見したらかなりすっきりとされていました。すごい。

そして、とにかく受賞歴がすごいのです。高田馬場ラーメン総選挙やラーメンオブザイヤー。

さらに、日本テレビの人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」で行われた「世界一うまいラーメンつくれるか」という企画でも紹介されていました。

ラーメンだけでなくお客さんにわかりやすい説明書きやポップなイラストも人気の秘密なのでしょうか。

食券の購入

入口入ってすぐ右にある食券機で食券を購入して店員さんに食券を渡します。

ほとんどのメニューを食べたことがありますがどれも美味しくいつも迷ってしまうのであらかじめ食べるメニューを決めてきました。かなり熟考しました。

お店の看板メニュー「よし丸らーめん」や鯖節の香りが上品な「魚らーめん」が好きですが、もう少しで食べる事ができなくなる、学生限定「学生らーめん」をチョイス。

ほぼワンコインという破格なお値段でどれほどのクオリティを維持して提供してくれるのかというところもポイントです。

また、大盛りは無料なので食券を渡す際に大盛り宣告させていただきました。

大盛りは残さないでね。

店内詳細図

店内は厨房の正面にカウンター席が10席。入口側に3席で計13席でした。

お水はセルフになっていて、食券機の横に冷水機、カウンターの上にもコップとピッチャーが常備されています。

カウンターからラーメンを作る作業が丸見えなのでライブ感があって楽しいです。

自分がこれから食べるものの調理工程が見えると安心ですし気持ちも高ぶります。

しばらく待つと着丼です。

実食!お味は…?

目の前で完成されていく様を見ていたものが自分の目の前へ。

両手でしっかりと抱えられゆっくり慎重に運ばれてきます。

そして着丼!

学生らーめん(大盛り)(¥510)

麺がスープから顔を出していて重量感が感じられます。腹ぺこの学生を黙らせるビジュアル。

麺の上には刻んだ豚が乗っています。よし丸の大きな豚バラチャーシューを知っている身からすると寂しい気持ちになるのは否めませんがあの価格でもこの味を味わえるのは嬉しいポイントです。

チャーシューだけでなく海苔とネギまで乗っています。

この刻みネギを侮るなかれ。優しい味わいの無化調スープとタッグを組むと普段以上のアクセントを残す影のキープレーヤーと化します。

輝く無化調スープは「よし丸らーめん」と同じ魚と豚の混合スープ。重量感のあるレンゲですくって一口飲めば虜になること間違いなし。素材の味を強く感じられて繊細な舌を持った気分になります。

国産小麦100%の麺はしっかりと小麦の味を感じられ食べ応えも抜群。

とにかく麺を食べている感じ。いや、麺を食べているのですが

「今俺は、麺を食べている」と強く実感する麺。伝われ…

大盛りにしたものの夢中になって食べ進み、気付けば丼を両手で持ち上げ完飲。

味玉や味のしみたメンマ、大きな豚バラチャーシューを恋しく思いながらも

510円で美味しいラーメンをお腹いっぱいいただける幸せを感じました。

ごちそうさまでした。

店舗詳細

らーめんよし丸
  • 【住所】〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-17-17 新坂ビル1F
  • 【営業時間】11:00~20:00 土曜日昼のみ
  • 【定休日】日曜日・祝日
  • 【最寄駅】JR山手線、西武新宿線、東西線『高田馬場駅』
  • 【席数】カウンター13席
  • 【電話番号】03-5285-1520
  • 【SNS】Twitter:https://twitter.com/FSBtamcZcZOffjp
清水くん

早稲田大学4年。 愛媛県で生まれ日本各地を転々と移り住む。上京後、憧れのラーメン二郎に足を踏み入れ独特な雰囲気と中毒性に魅了され心を奪われる。現在は高田馬場のピコピコポンでアルバイトをする傍ら、レンタル二郎食べる人として活動。延べ160人以上のお悩み解決、不安解決に努める。多数メディアにも出演。わずか数年で”二郎中毒”を通り越し、立派な”変態”へと変貌を遂げるほどに成長。

follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました