これだけは知っておきたい!ブログ収益に直結するSEOの仕組みとPVを増やす方法を徹底解説!【最新版】

雑記
清水くん

早稲田大学4年。 愛媛県で生まれた後各地を転々とする。上京してから食べた二郎系ラーメンがきっかけで二郎系ラーメンに心奪われ、高田馬場のピコピコポンでアルバイトをする傍ら、レンタル二郎食べる人としても活動中。日々奮闘中。

follow me!

ブログを始めたけどPV(ページビュー)が伸びない…

SEOの対策ってどうするの?

そもそもSEOってなに?

今回はブログ初心者の方に向けて、SEOの仕組みとPVを増やす方法を解説していきます。

このブログも始めて間もないですが、月に5,000PVも見られています。

僕は2019年10月に全く知識のないところから独学でブログを開設しました。

学業などの時間を割いて少しずつ続けて現在まで継続的に収益を得られているので、この記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

【この記事から得られること】

SEOの仕組み

PVを増やすためにやるべきこと

SEOとは

SEOは、検索エンジン最適化(Search Engine Opitimization)の略語です。

検索エンジンに評価されやすいように、Webサイトの構造やWebコンテンツの内容を調整することを指します。

SEOを上手に設定できれば、検索結果の順位が上がり、Webサイトへのアクセス数増加に繋がります!

SEOの重要性

実際、アクセス数を増加させるのであればSNSでプロモーションすればいいんじゃないか?という声を良く耳にします。

特に、現代社会で生きるブロガーさんのほとんどがSNSの使い方を理解し、SNSを利用したマーケティングの方が得意、効率的だと感じるかもしれません。

このようい一方的に発信して見つけてもらった情報にアクセスしてもらうことを「プッシュ型」といいます。

しかし、SEOをしっかり理解し対策すべき重要なポイントがあるので利用するしないに関わらずブロガーとして理解することは必須なので抑えておきましょう。

ピンポイントでニーズに応える

どれだけ有益な情報でも、その情報を必要としていないない人からしたらただの文章とかわらず見向きもされません。

そのため、その記事を必要としている人の目に確実に情報を届けることが重要になります。

検索エンジンを利用する人は、自分の悩みごとや疑問に思っていることに対しての答えを探しています。

答えを探すために2つから3つのキーワードを組み合わせて検索結果を絞っていきます。

結果、自分の興味のあるサイトが検索結果に現れた時は積極的にアクセスするなどのアクションを能動的にとることになります。

このように、能動的にアクセスしてもらうことを「プル型」と言います。

上で挙げた「プッシュ型」はその情報を必要としていない人の目にも触れるため、「プル型」の方が質の良いアクセスが集まります。

一発屋にならない

検索エンジンで上位に表示される利点は、検索順位が下がらない限りアクセスを継続的に得られるという点です。

所謂、一発屋脱却です。

一時的にアクセスを集める記事を量産するよりも、なにもしなくても継続的にアクセスされる記事を書いた方が効率的ですよね。

SNSでは一般的に時系列順に古い情報は露出しづらくなります。

しかし、検索エンジンのの露出は情報の新しさだけでなく、検索者のニーズに答えられる内容か否かが評価されます。

何年も前に公開された情報でも上位表示されることはざらにあります。

何年も検索上位ということはその間安定的にアクセスを得られているに違いないです!

PVを増やすためにやるべきこと

PVを増やす方法はズバリ、SEOを意識して対策することです。

もちろん、SNSに力を入れてプッシュ型のアクセスを集めることもひとつの手ではありますが、

継続的に、安定的にアクセスを集めるという点においてはSEO対策は必須です。

具体的にどのようにしたら良いのか説明していきます。

Googleを味方に

なぜGoogleを味方にするのか。それは、Googleが検索エンジンシェアにおける90%を超えていると言われているからです。

Yahoo!もGoogleの検索エンジンを採用しています!

つまり、SEOで成果を出すためには、Googleから評価される必要があります。

それでは、Googleから評価されるためにはどのようにするべきなのでしょうか。

Googleの理念とは

Googleから評価を得るためには、Googleの方針に則っているということが第一です。

そのために、Googleが提供している「ウェブマスター向けガイドライン」をよく理解しておく必要があります。

この基本方針に則った記事を作ることを心がけましょう。

品質に関するガイドラインー基本方針

1.検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

2.ユーザーをだますようなことをしない。

3.検索エンジンでの検索位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトやGoogle社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

4.どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

Google「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」より

このように、ユーザーを大切に思い、ユーザ-のことを考え抜くというGoogleが目指す方針に従ってどのような記事を書き情報を提供するかについて考えましょう。

「Googleが掲げる10の事実」からも理念に対する奥深さを感じることができます!

どんな人が検索するのか

なぜ、あなたは検索エンジンを利用しますか?

何が目的で、何を求めていますか?

まさに、ユーザーの目線となって考えることが最大のヒントとも言えます。

検索エンジンを使う理由、それは自分の悩みや質問の回答をしりたいではないでしょうか?

あなたが知りたい情報について詳しい友人がいれば、その人に聞いたり、連絡したりすることと思います。

それが実現できない人が検索エンジンを利用します。

近年はなんでもググればわかるというように、検索エンジンを信頼して調べる機会が多くなっているように思いますが、

最終手段としてやむを得ず利用する人もいるということを覚えておきましょう。

これらを踏まえて、やるべきことは検索ユーザーの検索意図にあったコンテンツを提供するということです。

そのために、ユーザーの悩みや質問を先回りして考える必要があり、他のサイトよりも詳しく、有益な情報を盛り込むことを意識しましょう。

まとめ

ここまでSEOの仕組みとPVを増やすためにやるべきことについて簡単に説明してきました。

やるべきことは至ってシンプルです。

だからこそ、独自性を出しやすく、結果が出たときにやりがいを感じられるのだと思います。

これは、あくまでも知識としての礎として覚えておくべき情報です。

これを基礎として発展的な知識を学び、独自性を出していってください。

その際に、参考することを推奨したいオススメの書籍が「沈黙のWebライティング」です。一度、Amazonのリンクから詳細を見てみてください。


沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

コメント

タイトルとURLをコピーしました