【ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店】人気店のラーメンをおうちで!テイクアウトしたひばりヶ丘二郎の味、作り方は!?

ラーメンレポート

テイクアウトの概要

現在(2020/5/27)、ネット予約制の店内営業を行うなどかなり策を練っているひばじ

元々はコロナの影響を受けて臨時休業していましたが、整理券制のテイクアウトを開始。

結果、整理券を求めてくるファンが大勢集まってしまい近隣に不安を募らせる形に。

ゲラリでの配布を検討するなど、改善を重ねるもジロリアンからの支持も大きい人気店。

殺到する人が後を絶たず。

結果的には、八王子野猿街道店2さんと同様事前ネット予約制に。

事前にTwitterで告知された時間から「絶対に負けられない戦い」は始まります。

チケットはほんの数分で完売。

受け取り時間帯が指定されていて希望の時間帯に申し込みます。

この方法であれば密は避けられそうです。

そして、チャレンジすること5日目。

遂に勝ち取りましたあぁ!

うおおぉぉ!

18時に開戦される争奪戦に何度敗戦したことか。

5分前からスマホに張り付いていても勝てない人気アーティストのライブのチケットばりの希少さ。

そんな激戦の中、人気アーティストと肩を張るひばじのテイクアウト購入整理券を勝ち取りました。

うおおぉぉぉ!

予約確定メールが送られてきます。

ここに表示されていたリンクから移動したページを当日店員さんに見せるとテイクアウトラーメンを購入することができます。

そして当日。

いつもの並びも無く、壊れそうな椅子も綺麗に片付けられていて違和感を感じます。

店内で店員さんにスマホの画面を見せて食券を購入します。

購入した食券を渡すと事前に準備されていた袋を手渡されます。

入店、購入、退店までわずか2分。

足早に帰宅。

調理

無事に帰宅。

ここに二郎が入っているとはだれも思うまい。

ビニール袋の中にはプラスチック容器。

色白の豚ちゃんがこちらを見つめます。

丁寧に包装された容器が1つ。

麺とスープが袋に入っています。

うおおぉぉ!!!(感嘆)

早速調理に取り掛かります。

丼の準備

丼は熱湯を注いで温めておきます。

美味しい料理は温度も大切。

トッピングの準備

今回のテイクアウトはヤサイは各々で準備します。

安定の三銃士。

もやしとキャベツとニンニクです。

キャベツは短冊型にざっくりカット。少しキャベツ多めくらいがヤサイの比率的に好みです。

水が沸騰してきたら、

ヤサイを投入。

お好みの茹で加減で火を止めます。

今回は好みのクタクタヤサイにするため長風呂していただきました。

ヤサイの準備は完了。

良いクタ加減です。

次はニンニク。

4粒くらいにしましたが少なかったです。

マシマシ希望の場合は丸々ひとつくらい用意することをおすすめします。

綺麗に皮を剥きます。

刻みに刻んで準備完了。

粗さも自分で調整できるところがテイクアウトの良さでもあります。

スープを温める

一滴たりとも無駄にはしません。

ご丁寧に袋は二重になっていました。

鍋に注いで温めます。

固まった脂が袋にへばりついているのでしっかりとへぎ取ります。

綺麗に固まった脂もゆっくりと溶けていきます。

豚の身がコロコロと入っています。

嬉しい異物混入。

焦げ付かないように温め直します。

想像以上にアブラの多いスープが完成。

匂いも良好です。

麺を茹でる

たっぷりのお湯を沸かして、ぐつぐつ沸騰したら麺を投入します。

手で優しくほぐしながら熱湯に投入します。

手の平いっぱいの麺に量の多さを改めて実感させられます。

踊る麺を優しく見守ります。

7,8分ほど茹でて火を止めます。

麺をザルにあげてしっかり湯切り。

光輝くストレート麺も準備完了。

盛り付け

今こそ、全ての力を集約する時。

熱々の丼に熱々のスープを注ぎます。

そこに熱々の麺を投入。

麺線を揃えて、ヤサイ、豚、ニンニクを乗せれば完成です。

実食!そのお味は・・?

ラーメン (¥780)

お店で食べるラーメンとは明らかに見た目が違いますが美味しそう。

テイクアウト仕様になっています。

もう少しキャベツの青みとニンニクがほしいところですが。

見事な出来栄え。

何より自分でラーメンを作るのが楽しい。

ほわっ

豚は見た目以上に柔らかくてほろほろ

口の中で優しい脂がとろけます

ムチムチで茹で加減も最適。

ひばじの麺だ~と思えたのも束の間。

口の中に刺激的な酸味が。

鍋にお酢がはいっていたのか?作り方を間違えたのか?

ヤサイの味は至って普通。ニンニクもいつも通りの刺激。

スープを飲むと店舗のスープにはない酸味が。

嫌な匂いは特に感じず、ただ口に含むとお酢が入っているような強めのすっぱさ。

元々、店舗のラーメンとは少し違うとのアナウンスがあったのでこのような仕様なのかな

などと考えながら結局美味しくいただきました。

そしてお供はこれ

お酒飲みながらの二郎こそ至高。

おうちだからこそできたこと。

まとめ

やっぱり気になる酸味。

醤油や旨味調味料で調整しましたが酸味を打ち消すには至らず。

他にも指摘されている方がいらっしゃったので僕だけではなかった模様。

それを抜きにしても豚やスープの乳化具合等をとってもいつものひばじとはほとんど別人。

当然イレギュラーなことをしていただいているので難しいと思います。

ただ、あの味を期待していただけにやや不完全燃焼でした。

ただここまで手間暇かけて提供していただいていることへの感謝とリスペクトは忘れることはありません。

普段お店で食べれていた日常がどれだけ幸せなことだったか再確認するきっかけにもなりました。

早く安心してお店で二郎が食べれるようになることを祈っています。

ごちそうさまでした。

『ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店』の店舗詳細

ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店
  • 【住所】〒188-0001 東京都西東京市谷戸町3-27-24 ひばりヶ丘プラザ1F
  • 【営業時間】11:30~14:30/17:30~20:30 〔土〕11:00~17:00(整理券制)
  • 【定休日】日曜日・水曜日(夜)・祝日不定休
  • 【最寄駅】西武池袋線『ひばりヶ丘駅』
  • 【座席】カウンター12席
  • 【電話番号】不明
  • 【SNS】ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店のTwitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました